FXと比較する投資

FXと比較する投資

先物取引も類似

商品先物は、すでにお話しているように、日本では米取引市場で、利用されていました。
江戸時代の大阪で行われていたようで、視点を換えれば、株式以上に、日本で馴染みの深い投資と見なせるのかもしれません。
取引所も、かつての米相場と同じところにあるようです。
そんな商品先は、FXとよく似ています。
証拠金制度があり、レバレッジも利用できます。
FXのように個人投資家に対する規制がなく、100倍なども選択できるようです。
また、商品先物では、貴金属などの相場が元であり、FXと同じように、金融派生商品の一つです。
これを見ただけでも、非常に似ている投資であるとお分かりいただけるでしょう。
商品先物は、穀物などを対象とし、リスクヘッジの意味で、形成されたようです。
将来の取引を今の時点での価格で取引することを約束するもので、自然現象などに影響を受けるものが、取引の主体となっています。
冒頭でお話した日本の米相場でも、同様な趣旨で形成されたようです。
このため、取引を行う場合でも、約定日などを設定することもあるようです。
しかし、商品先物においても、穀物以外のものもあり、株価などを利用した金融先物もあります。
いずれにせよ、商品先物は、FXと似た面があり、同じ金融派生商品の一つです。
不景気になると、金相場の人気が上がるようですが、世界金融危機以後、金相場が過去最高となったようです。
これは、通説のように言われているようです。

注目度がUPしているワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう