FXと比較する投資

FXと比較する投資

基本を知っておく

投資に、種々のものがあり、いずれにも共通点がります。
リスクが代表的なものであり、FXにも該当します。
また、最近では、インターネット取引が主流となっています。
では、一体、FXをかいつまんで言えば、どういうものになるのでしょうか?
FXは、Foreign Exchangeの略称したものです。
日本語では、外国為替証拠金取引であり、外国為替相場を基準とした金融派生商品です。
証拠金制度を採用し、業者に担保金のようなものを積むことになり、それを元に、取引を進めます。
また、てこの原理を意味するレバレッジを利用でき、少ない証拠金でも、多額の取引ができます。
今では、個人投資家に対し、レバレッジ規制が行われていますが、以前は、レバレッジ100というものもありました。
仮に1万円の証拠金であれば、100万円まで取引が可能になるということです。
しかし、現在では、25倍までに規制されているため、取引のための必要証拠金も高めに設定されています。
そうは言っても、25倍まで取引できるということは、ハイリスク・ハイリーンの投資であることに変わりはないでしょう。
さらに、FXにおいては、スワップポイントがあり、為替差益のほかに、金利差益も見込めます。
金利の安い通貨から高い通貨の買い状態を、おおよそ翌日まで続けることで、発生します。
割合は、業者などで異なっています。
また、株式などでは禁止されている売りから入る、空売りが認められています。
このため、円高であっても、収益を見込むことができます。

注目度がUPしているワード、以下のWEBサイトで情報収集しましょう